Q&A

  • Q1輸出・輸入申請はどのようにすればよいですか?
  • A1輸出申請
    貨物を外国に輸出する場合、まず、保税倉庫に搬入後、税関に輸出申告し、 輸出の許可を受ける。
    その後、外国貿易船に船積し外国に輸出する。
    1.保税倉庫とは、一般倉庫を税関に対して、保税倉庫としての書類を作成、申請して、税関の許可を受けた倉庫を言う。
    2.輸出申告とは、輸出者より、インボイス、パッキングリスト、その他、その貨物に関する説明書などを添付し、税関に申告・許可を受ける。
    a.インボイス:品名、数量、価格、契約条件等が記載されており、船積された貨物の明細を示す。1種の相手先への請求書のようなもの。
    b.パッキングリスト:売主(輸出者)が作成する書類。商品の包装や数量・重量を記載したもの。
    輸入申請  
    外国貿易船より、船卸しされ、保税倉庫に搬入後、輸入申告し、輸入の許可を受け搬出し、一般倉庫に入れる。 輸入申告とは、外国より送付された、インボイス、パッキングリスト及び、その貨物に関するその他の書類を添付し、税関にて発行する、諸費用、消費税、関税等を支払って、輸入の許可を受ける。
  • Q2申請とかはどのようにすればよいのですか?
  • A2税関の申請:輸出・入者に代行して、輸出・入通関業者が行う。
  • Q3輸送状況を確認したいときにはどのようにすればよいのですか?
  • A3電話一本で現在状況を確認できます。
  • Q4荷物は御社営業所まで持っていかなければならないのですか?
  • A4打ち合わせによっては自社で引き取ることもできます。
  • Q5日中一貫とは具体的にどのようなことですか?他社との差別化はありますか?
  • A5日本側も中国側も全業務は自社社員管理をしています。
  • Q5運ぶ荷物の品質保証はどのようにしますか?(保険も含めて)
  • A5貨物保険、運送保険、自社管理体制にて。
  • Q6 荷物を輸送して到着までの手順を教えてください。
  • A6 倉庫入れ→輸入・輸出申請→荷造り→税関申請→船積(航空便)→向側到着も同じ手順→作業して配達まで
  • Q7 契約をしてから実際に運び始めるまでに、どのくらいの期間が必要ですか?
  • A7 約2週間
  • Q8 倉庫には最大どのくらいの期間保管することができますか?
  • A8 打ち合わせによって
  • Q9 他社と比べて、コスト削減もしくは効率化されていることはありますか?
  • A9 全作業を自社社員で行うため、コスト削減ができます。